mailfacebooktwitter

小さな香り歳時記 11「末秋」

イラストレーターでエッセイストの平野えり子さんのコラム「小さな香り歳時記」。
四季のある日本の暮らしの中で、ふと感じる季節、ふと漂ってくる香りを綴っていただきます。(偶数月更新)
第十一回目は「末秋」です。




きのこ狩り自慢のおじさんに話を聞いたことがある。
とくに松茸に話がおよぶと、鼻の穴がふくらんでいるようだった。

「松茸のとれる場所は、誰にも教えない」
 のだそうだ。狩人の掟かな。

「生える木の場所を何か所もおぼえてる」
 から、一度行けばくらでもとれるとか。
 そんなにとっちゃって大丈夫?

「次の年に生えてくるように、全部はとらないんだ」
 ああ、よかった。

 朝早起きをして、往復二時間ずつ歩いて山へ行ってくるそうで、元気だなあ。
 山から帰ってきてごはんを食べて、それから仕事へ出るって、どれだけ体力があるのだろう。

 松茸狩りなんてまさか自分でしたことはないので、こちらは食べる専門。
 秋が深まるにつれ、果物と茸の味はググッと深まっていく。

 きのこを何種類も取り合わせての網焼きなど、秋の夜長にはこたえられない。
 とはいえ、今や茸も人工栽培が発達して、シイタケ、シメジ、マイタケもほぼ一年中食べられるようになった。
 ただ松茸だけは、赤松林で自生するのを待つしかないから、まだ季節感があるというわけだ。

 松茸が出回るうち、秋に一度は作りたい土瓶蒸し。
 こちらでは、「松茸鮓」とやらを食しているようだ。

 虚子を待つ松蕈鮓(まつたけすし)や酒二合  正岡子規  
                
 松茸の香りも人によりてこそ  高浜虚子     

 松茸の香りを楽しむのは日本人だけともいわれる。
 きのこ狩り自慢のおじさんも、松茸のくだりは外国の人にしてもウケないかもね。


絵・文 : 平野えり子

1961年、静岡県生まれ、横浜育ち。
イラストレーター、エッセイスト。
山歩きや旅、暮らしについてのイラストとエッセイの作品を多数発表。
www.yes-hhh.website

ARCHIVE